2009年01月28日

中学生と子どもたちの楽しいひととき

★2/21(土)、3/28(土)リズムdeスキンシップ遊び参加者募集★
★1〜3月の親子リトミック(ヨチヨチ歩きの1歳代〜)参加者募集★
★2〜3月のベビーマッサージ参加者募集★
★ハッピーコミュニケーション術(3/3基礎編、2/26・3/19応用編)参加者募集★
★2/28(土)、3/24(火)助産師さんの産後ヨガ教室参加者募集★

お問い合わせは→こちらをクリック
お申し込みは→こちらをクリック
(↑↑携帯からもメールフォームにアクセスできます)


「小さな子どもたち!中学生のお兄さんやお姉さんたちと遊ぼう!」という、
高井戸児童館主催の中学生と乳幼児親子のふれあいイベントに、1歳7ヶ月の
末っ子と参加させていただきました。

高井戸児童館のホールに、富士見が丘中の2年生の1クラスが集合!
児童館職員さんのリードで、中学生と親子で入り混じって体操をしたり、
手遊び、交流遊びをしたり。
最初は照れていた中学生のみんなも、段々雰囲気に乗ってきて、あっという間に
和やかムード。

090128@.jpg 090128A.jpg

いくつかのグループに別れ、中学生たちと親子で交流タイム。
リクエストにこたえて紙芝居を読んでくれたり、ちょっと戸惑いながらも、
子どもたちに声をかけてくれたり。
たまたま我が子と同じ名前の男子生徒さんもいて、親近感もわきました。


090128B.jpg 090128C.jpg

大きいお兄さん・お姉さんの集団に圧倒され、しょっぱなからぐずりモードに
なってしまった我が子でしたが、風船遊びで一気に盛り返し!
風船のやりとりを、声をあげて笑いながら、楽しんでいました。

090128D.jpg 090128E.jpg 

そんな風船のやりとりを見て、思いました。
赤ちゃんや、言葉がまだあまり話せない小さい子どもとの生活には
単調さもつきもので、根気が要ります。
でも、ひたすら風船のやり取りをしながら、生徒さんたちが言っていたような
「笑ってる!」「『おー』って言ってるよ」「お、上手!」
などの小さな喜びを、子どもたちは毎日たくさん投げかけてくれます。
そしてそんなやり取りは、子どもたちへの大きな刺激や自信にもなっていきます。

生徒さんたちは今日、小さな子達と交流してどんなことを感じたでしょうか。
中学生の皆さんには、「職場体験」の一環で、保育園に行ったことがある方も
いるそうです。
「そのときに、小さい子がすごくかわいいと思った」と、男子生徒さんの1人が
言っていました。

「かわいいな」「大変そうだけど面白いな」「目をかけてあげたいな」。。。
小さな子達に対して、そういう気持ちを多くの人に感じてもらえる機会があることは
とてもすばらしいことだと思います。

このような事業に参加させていただいたのは2回目でした。
(前回レポートはこちら)
高井戸児童館、中学生の皆さん、関係者の皆さん、親子ともども、楽しく
貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
写真を撮ってくださった高井戸児童館の横関館長さん、ありがとうございました。
今後も、このようなイベントが広まっていくよう、願っております。


posted by ponte at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。