2008年09月25日

「中学生がプレママ、赤ちゃんに出会う日」に親子で参加してきました!

★9〜10月のベビーマッサージ参加者募集★
★日曜開催!9月・10月のリズムdeスキンシップ遊び参加者募集★
★子育てライフにやさしいアロマスプレー作り参加者募集★
★9/30(火)・10/20(月)助産師さんの産後ヨガ教室参加者募集★

お問い合わせは→こちらをクリック
お申し込みは→こちらをクリック
(↑↑携帯からもメールフォームにアクセスできます)


「赤ちゃんって抱っこしてみるとどんな感じexclamation&question」「赤ちゃんのお世話って
大変そうだけどダッシュ(走り出すさま)」。。。

身近な環境で赤ちゃんと触れ合える機会が、減っていると言われている中、
妊婦さんや赤ちゃん、赤ちゃんを育てているお母さんたちと、中学生が
交流してみようexclamationと25日に杉並区立富士見丘中学校で行われたイベントに
お招きいただき、1歳4ヶ月三男・3歳半次男とともに参加させていただきました。


s-s-IMG_3299.jpg s-s-IMG_3312.jpg

同中学校や、高井戸・高井戸西児童館・子育て支援団体「ぱお」さんの主催。

初めは緊張気味だった3年生の生徒の皆さん、お母さんたち、子どもたちでしたが、
生徒さんの各グループに入ってのフリータイムになると、少しずつ緊張が解け、
にぎやかに交流しました。
(写真を撮っていただいた、高井戸児童館の横関館長さん、ありがとうございました!)

「赤ちゃんの足、やわらかいよ、触ってみて!」と言ったら、控えめに三男の
ふくらはぎを触っていた男子生徒さん、「まじ?やわらけ〜」。「やばいよ!」(笑)
人見知り真っ盛りの三男は、足を触られながらぐずって警戒わーい(嬉しい顔)

s-s-080925C.jpg s-s-080925D.jpg

今日、中学生から度々聞かれた「やばいよっ」の言葉は「まずい」という意味
ではなく、「すごいぜexclamation」の意味合いなんですね〜目
新鮮でした。

「4回の妊娠出産ってどんな感じですか?」「お兄ちゃんお姉ちゃんたちは
赤ちゃんにヤキモチ焼かないんですか!?」など、女子生徒さんたちからは
色々な質問が。

限られた時間の中で、小さい子どものいる暮らしの醍醐味などは、あまり
お伝えできませんでしたが、私自身、普段接する機会のない中学生の皆さんと
お話ができて、とても楽しかったです。


一番笑えたのは、「●●くん(3歳次男)、抱っこしてもいいですか?」
という男子生徒さんの言葉に緊張で身を硬くしていた次男が、次第に身を任せて
抱っこしてもらい、声をかけてもらって、その後女子生徒さんにも抱っこして
もらってテレまくって両手で顔を隠していた様子でした。

この日に備えて練習していた「こんにちは。●●(自分の名)です」は
言えなかったけど、帰り道、「楽しかったな、恥ずかしかったけど嬉しかった」
と何度も言っていました。

s-080925@.jpg s-080925A.jpg s-080925B.jpg

赤ちゃんや小さな子を連れて歩いていると、実にいろいろな方がほほえみ
かけてくれたり、声をかけてりしてくれます。
子どものいる生活は、もちろん、子ども中心になりますが、制約を感じる
ことばかりではなく、子どもがいるから広がる世界・経験も味わうことができます。

今日私は、子どものおかげでこのような形で中学生の皆さんと交流できて
本当にすてきな思い出となりました。
皆さんがいずれ子育てをすることがあったら、ぜひ、この日に感じたことを
思い出してみて下さいね!

中学生のときに赤ちゃんやお母さんたちと交流したときに感じたことと、
実際の子育てで感じることは、共通すること、想像とかけ離れていることも
色々あると思いますが、中学校の授業でこういう体験を楽しんでいる皆さんの
様子を、うらやましく、嬉しく思った体験でした。
楽しいひと時を、ありがとうございました晴れ





posted by ponte at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう活動、いいですね!
自分が子どもを産んではじめて、赤ちゃんを抱っこするという人も多いと思いますが、もっと若いうちに子どもと接する機会がほしいですね。

私は常々、海外のように中高生にベビーシッターのアルバイトをさせればいいと思っていたのですが、日本では安全面を警戒するのか、そういう風潮にはなかなかなりませんね・・・
Posted by sho at 2008年09月26日 11:03
shoさん、コメントありがとうございます!
shoさんのブログも、ちょくちょく拝見しておりますよ〜。
息子さん、ますます男前に成長されていますね。

こういうイベントは、聞いたことはあったのですが、自分が子どもと実際に参加できたのは、私にとっても、とても貴重な体験でした。

学生さんたち、いずれ子育てをするかもしれない方々が、楽しく赤ちゃんやお母さんたちと交流できるイベントは、もっと広まってほしいな〜と感じました。
限られた時間の中の交流では、もちろん、子育ての漠然とした雰囲気しか分からないとは思いますが、実際に触れてみて「かわいいな」とか、「大変だけど楽しそうだな」と関心を持っていただくことは、とても大きなことだと感じました。
Posted by こそだてponte・千葉 at 2008年09月26日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。