2008年07月03日

免疫力UPで夏風邪に打ち勝とう!

★8〜9月のベビーマッサージ予定はこちら★
★8/30(土)マタニティタッチ講習会(マタニティカップル要チェック!)★
★9/16(火)子連れOK!エコクラフト教室参加者募集★
★9/21(日)リズムdeスキンシップ遊び参加者募集★

お問い合わせは→こちらをクリック
お申し込みは→こちらをクリック
(↑↑携帯からもメールフォームにアクセスできます)


プール熱が流行の兆しを見せているようです。

***以下、Yahooニュースから引用***

「プール熱」幼児らに流行の兆し、手洗いなど予防徹底を
7月2日11時4分配信 読売新聞

発熱や目の痛みなどを引き起こす咽頭(いんとう)結膜熱(プール熱)について、
幼児を中心に流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所感染症情報センター
の調べで分かった。

過去10年間で最大の流行だった06年に次ぐ規模で患者が急増しており、
同センターでは、手洗いなどの予防対策の徹底を呼びかけている。

全国の小児科などからの報告によれば、今年の患者は5月中旬ごろから増え始め、
先月24日現在で2万7693人。昨年の同じ時期よりも1200人以上多い形で推移している。

都道府県別では、大分県、長崎県、石川県などで比較的多いものの、
地域の偏りなく感染は全国に広がっている。
また年齢別では、5歳以下で全体の8割を占めている。

***引用終わり***

プール熱と並ぶ代表的な夏風邪として、長女の通う幼稚園からも、手足口病
発症したお子さんがいるとの連絡がありました。

0歳から保育園通いをしていた長男も、1歳の夏に手足口病に
かかりましたが、正に、手のひらや足の裏、口の中に水泡ができ、
痛みも伴うため、子どもはかなり不機嫌な状態が続きましたたらーっ(汗)

いずれも、大人もかかる病気なので、お子さんがかからないよう気をつけるのは
もちろん、普段一緒に生活するご家族も、注意が必要です。
とはいえ、気をつけていたとしても、特に集団生活をしている場合には、
かかるときにはかかってしまうもの。
園などでの集団生活をしていなくても、感染の可能性を完全に
シャットアウトすることは、難しいものです。

やはり、普段家でできることとして、うがい手洗いを習慣づけることや、
好き嫌いなく食べること、規則正しい生活をしてきちんと休養を取って体力を
つけることが一番exclamation×2と、我が家も気をつけています。
幸い、食いしん坊ぞろいのわが子達は、食事を残すということが
一切ないのですが、おやつに関しても、食事に差し支えない時間帯・量・内容、
ということを厳守しています。
(でもその反動なのか、たまに子どもたちが集まる場で大皿に並んだおやつを
目の前にすると、かなりの勢いで食べ続けるのが、母としては
悩みなのですがあせあせ(飛び散る汗))

また、病気に対する抵抗力・免疫力アップには、ベビーマッサージも
力を発します。

ベビーマッサージは、血液やリンパ液の流れを促進します。
血管と同じように全身にはりめぐされているリンパ管を流れる「リンパ液」は、
老廃物や不必要になった細胞を運び、「リンパ球」は、細菌や微生物を
やっつける働きをしていますパンチ
リンパ系の流れをスムーズにすることは、免疫力アップの大きな力となります。

そして、長男が赤ちゃんのときの病児保育施設の看護士さんに伺ったお話も。。。
「お子さんが熱を出したときなど、ぎゅっと抱きしめてあげてください。
それだけで、症状が軽くなる場合もあるんですよ」。


そのときは「ほんとかなexclamation&question」などと思ったのですが、その後の子育てを通し、
その言葉の意味をひしひしと感じ続けています。

具合の悪いときに、誰かにさすってもらったり、そばで見守ってもらえることは、
子ども・大人問わず、大きな安心感を得ることができます。
その安心感がストレスを軽くし、病気に打ち勝つパワーの源にもなるのですよね手(グー)

ベビーマッサージをお伝えしたいという気持ちの中には、ベビーマッサージを
1つのきかっけとして、嬉しいとき・楽しいとき、そして、しんどいとき・滅入っている
ときにも、自然に家族間で触れ合うタッチングの力を感じていただきたい
という思いがあります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。